ママ達の声

Y.mama

RCBA高橋晃子先生の身体改造プログラムを初めて受けて帰って来た日の娘の姿を私は今でも鮮明に覚えています。

19歳だった娘が、まるで小学生の様に「先生スゴイ!本当にスゴイ!見て!この足。あ~教室では、もっと凄かったかもー!・・」止まることなく話す姿は、昨日まで思い悩み泣いていた姿とは全くの別人でした。

娘が3歳でバレエを始めた時、プロの道を歩むことになるとは夢にも思っていませんでした。本気でバレエの道を目指し地元教室を離れた時から娘の苦悩は始まりました。娘の姿を見て指摘し、注意する指導者はいても、なぜそうなるのか、どうすれば正しいポジションになるのかを説き導いてくれる指導者は誰一人いませんでした。日々、悩む娘をどうにかしたい一心で、やっと辿り着いた先が晃子先生でした。

先生との出会いが遅かった娘ですが、その分RCBAで晃子先生から教えて頂くひとつひとつがどれだけ貴重なことであるかを誰よりも感じ自分の身になる様に頑張ったのだと思います。晃子先生の元で学んだ2年間は、これから先も大きな糧となり娘を助けてくれるのだと感謝の気持ちでいっぱいです。

数多くある日本のバレエ教室で、子どもがプロを目指したいと夢見たとき、それはまさしく夢で終わってしまいます。その夢を現実の世界で目指し進むチャンスを与えてくれるのがRCBA高橋晃子先生なのだと私は思います。

バレリーナを夢見る1人でも多くの子ども達が晃子先生と巡り合いますように・・・と切に願います。

k.mama

「お母さん、初期設定から やり直しましょう。」

初回の個人レッスンで 晃子先生から 言われた衝撃の一言でした。   えっ!3歳から中2までの、バレエは?と、頭の中が 真っ白に。

しかし、その一言で、目が覚めたように 覚悟もできました。晃子先生に娘をお願いしよう。全てをお任せしようと。

その日からRCBAで、1からでなく 0に戻すことからのスタートでした。

個人レッスンだけでなく、通常のレッスンも毎回 丁寧に根気よく、 時には ハードに 。そして 理論的に教えていただき、長身の娘が身体を動かす事の難しさを 長身の晃子先生だからこその 質の高い的確な指導で、繰り返し、繰り返し レッスンしていただきました。

一人一人にしっかりと目を向け、バレエだけでなく心の成長にまで、細やかな指導をして下さる先生と、娘の成長に1番大切な時期に出会えた事を 本当に感謝しています。

RCBAでレッスンをはじめてから2年、娘が目標にしていた 海外留学の夢も実現することができました。

これから RCBAの生徒として、感謝の気持ちを忘れずに 海外で頑張ってきて欲しいと思っています。